DESIGN THEMA
継承と栄冠
荻窪の邸宅の系譜を継ぎ、新たなる栄冠のシンボルとなる館。
「ヴィークコート荻窪」に採用されたデザインのテーマ、それは「継承と栄冠」です。
建物を囲む外構は、昭和初期の内閣総理大臣・近衛文麿が居を構えた「荻外荘」に代表される日本邸宅の流儀に習った設え。建物は、一流の成功者が多く住まうニューヨークはストロベリーフィールドに建つ高級マンションの様式をお手本としています。土地の歴史を継承し、新たなる栄冠の象徴となる「現代のお屋敷」を目指す。それがプロジェクトのデザインポリシーです。

DESIGN THEMA

継承と栄冠

荻窪の邸宅の系譜を継ぎ、新たなる栄冠のシンボルとなる館。

「ヴィークコート荻窪」に採用されたデザインのテーマ、それは「継承と栄冠」です。 建物を囲む外構は、昭和初期の内閣総理大臣・近衛文麿が居を構えた「荻外荘」に代表される日本邸宅の流儀に習った設え。建物は、一流の成功者が多く住まうニューヨークはストロベリーフィールドに建つ高級マンションの様式をお手本としています。土地の歴史を継承し、新たなる栄冠の象徴となる「現代のお屋敷」を目指す。それがプロジェクトのデザインポリシーです。

結界
故き日本の「お屋敷」には結界とも言うべき石垣や石積の塀が備わっていました。「ヴィークコート荻窪」では、その石垣をモチーフとして現代建築にマッチする様にデザインし、外部との境界を構築してプライベート性を高めるデザインを目指していきます。

故き日本の「お屋敷」には結界とも言うべき石垣や石積の塀が備わっていました。「ヴィークコート荻窪」では、その石垣をモチーフとして現代建築にマッチする様にデザインし、外部との境界を構築してプライベート性を高めるデザインを目指していきます。

秀美
門前には、日本美の象徴としてモミジを植えます。自然ならではのダイナミックな曲線を描く枝ぶり。青葉でも、紅葉でも、鮮やかな色彩。その秀美な姿をこの館のシンボルとしてデザインします。

門前には、日本美の象徴としてモミジを植えます。自然ならではのダイナミックな曲線を描く枝ぶり。青葉でも、紅葉でも、鮮やかな色彩。その秀美な姿をこの館のシンボルとしてデザインします。

風趣
お屋敷には「門」と「関」があるものです。いきなりエントランスではなく、まずは門構えを造り、威厳に満ちた風合いある趣を纏わせたいと考えました。この館が特別な住まいであることを表現していきます。

お屋敷には「門」と「関」があるものです。いきなりエントランスではなく、まずは門構えを造り、威厳に満ちた風合いある趣を纏わせたいと考えました。この館が特別な住まいであることを表現していきます。

風趣
近代建築の頂点ともいえるニューヨークの高級マンションをリスペクトしたデザインをファサードに採用します。栄冠を手にした住まい人に相応しい館として、剛健さとモダンさを兼ね備えた建物を創造していきます。

近代建築の頂点ともいえるニューヨークの高級マンションをリスペクトしたデザインをファサードに採用します。栄冠を手にした住まい人に相応しい館として、剛健さとモダンさを兼ね備えた建物を創造していきます。

迎賓
内部空間のお手本としたのは、一流ホテルや美術館のロビー。坪庭や計算された素材の組み合わせから生まれる繊細な美しさをもって、住まい人を最上級のゲストとして迎える質感を目指します。

内部空間のお手本としたのは、一流ホテルや美術館のロビー。坪庭や計算された素材の組み合わせから生まれる繊細な美しさをもって、住まい人を最上級のゲストとして迎える質感を目指します。



結実:「ヴィークコート荻窪」は、開発・施工・管理の全てを清水建設グループが担ったプロジェクトです。
その名に恥じないために、基礎工事から仕上げ、専有部の細部までこだわり抜いたプランニングを施しました。ぜひ、このプロジェクトにご期待ください。

結実
「ヴィークコート荻窪」は、開発・施工・管理の全てを清水建設グループが担ったプロジェクトです。 その名に恥じないために、基礎工事から仕上げ、専有部の細部までこだわり抜いたプランニングを施しました。ぜひ、このプロジェクトにご期待ください。

プロジェクトマネージャー
清水総合開発
開発事業本部 首都圏事業部 松原 秀郷

 

販売中の物件

COPYRIGHT © SHIMIZU COMPREHENSIVE DEVELOPMENT.ALL RIGHTS RESERVED.

トップ